LED照明はメリットが豊富?買い換える人が多くなっている3つの理由

有名な省エネ効果と長寿命!

LED照明に買い換えるメリットとして省エネ効果と長寿命は有名ですよね。白熱電球と比較すると消費電力が4分の1程度となっています。消費電力が少ないだけではなく、CO2削減効果もあり環境保護にも繋がります。寿命が白熱電球の20倍、蛍光灯の10倍となっています。一度交換するとしばらくはメンテナンスの手間がかからない等のメリットもあるんですよ。また、寿命が近づいた際には徐々に照度が落ちるといった特徴がある事から、突然切れる事がないので事前に交換の準備をする事も出来ます。

赤外線・紫外線フリー!

LED照明は、赤外線や紫外線フリーとなっています。発光する際に発熱しない事や赤外線がほとんど含まれていないので照射部分も熱くならない事から、今まで設置する事の出来なかった熱に弱い場所にも照明を取り付けれるようになりました。また、紫外線が原因となる本や置物の劣化もしにくくなっていたり、害虫を引き寄せないといったメリットもあるんですよ。本が多い書斎や屋外等にも最適な設置する場所を選ばない照明となっています。

利便性の高さとLED照明の将来性!

スイッチを入れた際の反応速度が早いLED照明は、水銀灯のように徐々に明るくなるといった事はなく瞬時に点灯させる事が出来ます。点灯や点滅も出来る利便性の高さから住宅以外のビル等の様々な場所で設置が進められているんですよ。また、現在は昼白色や電球色の調光や発色をする商品が多く販売されていますが、将来的にはフルカラー調光が出来るLED照明の販売も可能となっている事で、インテリアとしての需要も高まるという将来性の高さもあります。

ledパネルとは高輝色白色LEDを側面に取り付け導光板によりパネル一面をライトアップさせた看板のことです。