あなたは大丈夫?ネット上の誹謗中傷について

何気ない一言が危ない!ネット上のコメントについて

近年、ネット上での誹謗中傷が問題になっています。ネット上では匿名性が保たれているため、SNS等でコメントする際、コメントへの配慮が希薄になることもあります。例えば、面と向かって言いにくいことも、ネット上のSNSではコメントできたりと、そのコメントに対しての相手の反応が見えないため、コメントの配慮が欠けることも?もしかしたら、何気ないあなたの一言が、相手を傷つけている可能性も否定できないのです。面と向かって話す時以上に、ネット上でのコメントにも注意を払うべきだとは思いませんか?

ネット上の匿名性の恐ろしさ

ネット上の誹謗中傷が横行する理由として、匿名性が保たれていることは大きく関係していると思います。匿名性があるからこそ、個人情報、安全性が守られているのは確かです。しかし、匿名性によって、言葉に対しての責任感や、罪悪感が薄れるのは間違いありません。またネット上のコメントは、キーボードを叩くだけですし、自分一人くらい悪口を書いてもいいだろうと、軽い気持ちで書くと、回りの別の人も便乗してくる可能性もあるのです。しかも、匿名性のために軽い気持ちで。匿名性が保たれているとはいえ、相手を傷つけないといった、最低限のルールは守りましょう。

もし誹謗中傷にあってしまったら

ネット上の誹謗中傷を、もし自分が受けてしまったら、どうしたら良いでしょうか。焦る気持ち、感情的になってしまいがちですが、まずは落ち着くことです。冷静に考えて、そのコメントを削除するようサイトの管理人に相談するなど、解決に向かうよう対策をうちましょう。また、サイバー犯罪相談窓口という窓口もあります。あなたの実名がネットで公開され、誹謗中傷を受けた場合は、名誉毀損にあたる場合もありますので、相談しましょう。実名が公表されていない場合も、家族、友人に相談しにくい場合は、頼るのもありだと思います。一人で悩み込んだりしてしまいがちですが、一人で考えていると、冷静に判断できなくなる場合もあります。早めに誰かに相談しましょう。

逆SEOを上手に利用することで、インターネットを利用したビジネスを積極的に展開することが可能となります。