『見やすい!』と評判になる人気ホームページの3つの心得

ホームページは内容よりも”見やすさ”で判断する!?

ホームページを作成する際、作成者は内容にこだわります。価値のある情報、知ってほしい情報などをまとめ、記事としてホームページにアップしがちです。ですが、ホームページを見る人間は、内容ではなく、まず文章の見やすさで見る見ないを判断します。辞書のように文章を詰めて長くダラダラ書かれていると読む気を失わせます。それを回避する方法は、空行を数行入れ、文章をブロック分けすると見やすくなります。例えば、3~4行に分けて1~2文を書くと読みやすくなります。文章を文ではなく”塊”として見ることができるため、見やすさがUPします。

内容にあった写真・画像を文章中に挿入すると良い!

ホームページを見てもらうための工夫として、写真や画像を入れると好かれやすいホームページになります。文章中に入れると、読者に対して良い効果をもたらせます。ホームページ上の文章が長い場合、読むことに対してストレスを与えてしまいます。それを緩和する方法として、文章中の間、例えば段落の間に入れると良いです。写真や画像が読む作業か見る作業に変えるため、文章を最後まで読まれやすくなります。ただし、内容とは関係のない写真や画像はNGなので注意です。

ホームページには”必ず”メニューバーを用意すべき!

ホームページで、記事をどんどん更新すると、本当に見てほしい記事や人気記事が埋もれてしまいます。読者が必要としている情報も読まれずに生まれることもあるので対策が必要になります。それはメニューバーを用意することで、十分な対策を取ることができます。ただの記事一覧としても良いですが、人気のホームページを作成するためには、『人気のある記事集』や『管理者おすすめの記事』などをメニューバーに入れておくと、読者に優しいホームページになります。

ホームページ作成を検討している場合、専門の業者へ依頼することで、見栄えや操作性などに優れた仕上がりが期待できます。