ビットコインの有用性!!その将来性とは!

これからどうなるのか

ビットコインと言うのは、仮想マネーです。電子マネーでもありますが、コンピュータが作り出したお金です。いまいち、原理を理解している人は少ないですが、それをお金として認識している人が増えているのは確かです。これからますます増えることが期待されています。現状、多くの国の通貨は国の信用で成立っています。ビットコインもそうした側面があります。コンピュータが絶対に過剰に作らないことが、前提となって価値が担保されています。

無尽蔵に増えることがない

国の通貨でも無尽蔵に増やせるので、実はそこまで極端に価値が担保されているわけではないです。それでも経済力によって、信頼度が保たれているわけです。しかし、ビットコインはコンピュータが作り出しています。そして、これは無尽蔵に増えるようでいて、そうではないです。供給量が保たれていますから、そこに関しては安心してよいです。ある意味では非常に安定した価値があるわけです。だからこそ、世界的に流行しているわけです。

使えるところが増えるかどうか

今後のビットコインの重要な要素としては、どれだけ決済に使えるようになるのか、という点です。究極的には、日本銀行券ですら、そうした側面があります。ビットコインはインターネット決済に使えるところが増えています。ですから、上手くすればこれからますます普及する可能性はあります。受け取ってくれるところがあれば、欲しがる人も増えるわけです。ビットコインでの給料の支払い、ということも十分に有り得るわけです。そうした時代がくる可能性があります。

ビットコインとは、ピアツーピア・ネットワーク上で取引や発行が行われる仮想通貨のことで、取引履歴は専用の台帳に記録されます。