インターネットでプライバシーを守るための基礎講座

プライベートブラウジングって何?

プラベートブラウジングという言葉を聞いたことがありますか?ブラウザの種類によって、さまざまな言い方がありますが、基本的な目的はどれも同じです。インターネットを利用する人のプライバシーを守るために利用されている機能なんです。ふだん何気なくインターネットを利用しているわたしたちは、知らないうちに数多くの個人情報を、サイトを運営している企業や個人に与えています。これらの個人情報がどんなふうに使われるのか、ちょっと心配ですよね。

検索した単語の履歴を消去

プライベートブラウジングの機能を使うと、インターネットで検索した単語を他人に知られる心配がなくなります。自分が検索した言葉の中には、絶対に他人に知られたくない言葉の1つや2つあるものです。通常は、検索したことがある単語は、ブラウザに記憶されるようになっています。次に検索するときに、すぐに候補として呼びだされるので、便利な機能ではありますよね。しかし、家族や会社でパソコンを共有しているような場合、厄介なことになってしまいかねません。しかし、プライベートブラウジングの機能をきちんと設定しておけば、安心なんです。

閲覧したページの情報を消去

以前に訪れたサイトの情報も、キャッシュとして保存されます。これについても、どんなページを見ているかを他人に知られたくないですよね。毎回、ブラウザを起動するたびに、自動的に閲覧履歴を消去するようにしておけば、いちいち手動で履歴を削除する手間もかかりません。ほとんどのブラウザで、ウインドウやタブを閉じるたびに、履歴とキャッシュが自動で消えるように設定できます。1台のパソコンを複数人で共有するときには、プライバシー保護のための対策が必要です。使い方をしっかりと覚えておくといいですね。

シュレッダーは、数ある事務用品の中でも、とてもポピュラーなアイテムとして扱われており、正しい使い方をマスターすることが勧められます。